九州バイオリサーチネット

TOP 公募情報 コーディネーター活動 今後のイベント 主な活動 情報誌BIO九州 組織体制 お問合せ・入会 リンク集

 
【公募情報】
 競争的研究資金等の公募に関する情報(省庁関連のみ)をお知らせします。新規の情報を
赤字で示しています。
 募集要項等の詳細情報については、各機関の公募等サイトなどを参考にされて下さい。
 なお、財団等の民間を含む最新の公募情報については、公的・民間公募情報 (R2.7.17現在)をご覧下さい。

■ 省庁等

  資金等:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研
     究支援センター:「「ムーンショット型農林水産研究開発事業」プロジェクトマネー
     ジャーの公募」

      http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/moon_shot/koubo_PM/index.html
  分野等:総合科学技術・イノベーション会議が決定した6つのムーンショット目標のうち、ムーンショット目
      標5「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的
      な食料供給産業を創出」の達成に向け、農林水産省が挑戦的研究開発を推進すべき分野・領域等を
      定めた研究開発構想の実現に向けた研究開発プロジェクトを統括するプロジェクトマネージャーを
      公募する。

  公募期間:2020年5月11日~7月20日

  資金等:林野庁:「令和2年度森林資源情報整備技術実証事業(国有林)」
      https://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/itaku/20200702_1.html
  分野等:林業成長産業化地域の国有林において、効率的な資源管理や木材生産に必要となるICTを活用した森
      林資源情報の整備技術等を実証し、その成果について地域内の関係者と共有する。

  公募期間:2020年7月2日~8月4日

  資金等:独立行政法人日本学術振興会:「令和2(2020)年度科学研究費助成事業(
     学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化
     (A)))」

      https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/01_kyoka/koubo.html
  分野等:科研費に採択された研究者が半年から1年程度海外の大学や研究機関で行う国際共同研究。基課題
     の研究計画を格段に発展させるとともに、国際的に活躍できる、独立した研究者の養成にも資する ことを
     目指す。

  公募期間:2020年7月1日~9月3日

  資金等:JST:「令和2年度産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」
      https://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援。
  公募期間:2020年3月31日~8月31日(第1回)、11月30日(第2回)、2021年3月31日(第3回)

  資金等:JST:「令和2年度産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイ
      プ」

      https://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、原則として設立後10年以内の企業が行う、開発リスク
      は高いが未来の産業を創造するインパクトが大きい開発について支援。

  公募期間:2020年3月31日~8月31日(第1回)、11月30日(第2回)、2021年3月31日(第3回)

  資金等:JST:「令和2年度 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP 企業主体(マ
      ッチングファンド型)」

      https://www.jst.go.jp/a-step/koubo/index.html
  分野等:大学等の研究成果・技術シーズに基づく企業主体による実用化開発を行う。
  公募期間:2020年3月31日~7月22日

  資金等:JST:「令和2年度 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP 企業主体(返
      済型)」

      https://www.jst.go.jp/a-step/koubo/index.html
  分野等:大学等の研究成果・技術シーズに基づく企業主体による実用化開発を行う。
  公募期間:2020年3月31日~8月末(第1回)、11月末(第2回)、2021年3月末(第3回)

  資金等:JST:「2020年ベルモント・フォーラムCRA(共同研究活動)Towards Susta
     ainability of Soils & Groundwater for Society(土壌と地下水の持続可能
    な社会利用をめざして)」

      https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_belmont_soils2020.html
  分野等:
      1. Climate change, carbon cycle, and sustainability of soils and groundwater(気候変動、
       炭素循環、土壌と地下水の持続可能性について)
      2. Highly anthropized ecosystems (including large natural resources extraction)(人為的に
       改変された生態系について(自然資源の大規模採取を含む))
      3. Reconciling short and long-term process to maintain or improve ecosystem functions(生
       態系機能の維持と向上にむけた短期的、長期的なプロセスの調整)

  公募期間:2020年4月10日~7月23日(事前登録締切)、8月24日(募集締切)

  資金等:JST:「令和2年度採択予定 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)日本
      -EU「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」共同研究」

      https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_eujoint_horizon2020.html
  分野等:「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」分野での日本―EU間の共同研究を強化することにより、こ
      の分野における世界的な研究成果を得、革新的な技術を創出する。

  公募期間:2020年5月7日~9月1日

  資金等:JST:「2020年度 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)EIG CONCERT-
     Japan第7回共同研究課題募集「レジリエント、安全、セキュアな社会のための
     ICT」」

      https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_ict2020.html
  分野等:日欧それぞれの強みを生かし、サイバー、フィジカル両空間において社会が直面する様々な脅威に
      対するICTを活用した革新的な対処法の創出を目的としている。本公募分野には、AI、IoTなど様々な
     ICTを活用した、自然・人為的災害、都市化・過疎化、高齢化、サイバー攻撃、エネルギー・資源 ・食糧
     問題などの社会課題の解決に向けた取り組みが含まれる。

  公募期間:2020年5月18日~7月17日

  資金等:JST:「2020年度創発的研究支援事業」
      https://www.jst.go.jp/souhatsu/index.html
  分野等:破壊的イノベーションにつながるシーズを創出する潜在性をもった科学技術(人文科学のみに係る
      ものを除く)に関する研究分野を対象に、失敗を恐れず長期的に取組む必要のある挑戦的・独創的な
      研究提案を募集する。

  公募期間:2020年6月1日~7月31日

  資金等:JST:「令和2年度 共創の場形成支援プログラム」
      https://www.jst.go.jp/pf/platform/koubo.html
  分野等:大学等を中心として企業等の多様なステークホルダーを巻き込んだ産学共創により、国連の持続可
      能な開発目標(SDGs)に基づく未来のあるべき社会像(拠点ビジョン)を策定し、「拠点ビジョン
      実現のためのバックキャスト型研究開発」とそれを支える「持続的運営が可能な産学共創システム
      の構築」をパッケージで推進する。「本格型」と「育成型」の2つの実施タイプで提案を募集する
      。「本格型」では、拠点ビジョンに基づく研究開発課題とそれを支える産学共創システムの構築を
      一体的に推進する提案を募集する。「育成型」では、拠点ビジョンとそれに基づく研究開発課題及
      び産学共創システムの構想と「本格型」へのステップアップを目指す計画の提案を募集する。

  公募期間:2020年7月14日~9月8日

  資金等:NEDO:「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェ
      ーンモデルの構築、微細藻類基盤技術開発」

      https://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100285.html
  分野等:
      1. 実証を通じたサプライチェーンモデルの構築
      2. 微細藻類基盤技術開発

  公募期間:2020年5月12日~7月17日

  資金等:NEDO:「2020年度 国際研究開発/コファンド事業(対象国:イスラエル、
     フランス、ドイツ、スペイン、チェコ、イギリス、カナダ)」

      https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100162.html
  分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が、優れた技術を
      持つ外国企業と共同で実施する国際研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の研究開発・イノベ
      ーション支援機関等とともに「コファンド形式」により資金支援を行うことで、日本企業のグロー
      バルなオープンイノベーションを加速し、国内外の新規市場獲得を目指す。なお、本年度の公募は、
      昨年度までの各国との二国間公募方式ではなく、欧州を中心とする各国の研究開発・イノベーシ
      ョン支援機関の国際的なネットワークであるEUREKAのGlobalStarsスキームを活用した多国間共同公
      募方式により実施する。対象技術分野は、NEDOが所掌するあらゆる産業技術分野(原子力と創薬は
      除く、ただし創薬支援技術は可)。

  公募期間:2020年6月8日~9月10日

  資金等:NEDO:「官民による若手研究者発掘支援事業」
      https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100226.html
  分野等:
      1. 共同研究フェーズ
        大学等に所属する若手研究者が企業と共同研究等の実施に係る合意書を締結し、企業から大学等
        に対して共同研究等費用が支払われることを条件として、実用化に向けた目的指向型の創造的な基
       礎又は応用研究を実施するものを助成する。
      2. マッチングサポートフェーズ
        大学等に所属し、企業との共同研究等の実施を希望する若手研究者が実施する、産業界が期待する
        目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものを助成する。

  公募期間:2020年6月23日~8月17日

  資金等:NEDO:「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」
      https://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100302.html
  分野等:
      1. 地中熱利用システムの低コスト化技術開発
      2. 太陽熱等利用システムの高度化技術開発

  公募期間:2020年7月13日~8月17日

  資金等:総務省(業務実施機関:(株)角川アスキー総合研究所):「2020年度戦略
     的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)独創的な人向け特別枠「異能
     vation」プログラム」

      https://www.inno.go.jp/
  分野等:ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外で
      アンビシャスな技術課題への挑戦を支援する。

  公募期間:2020年7月1日~8月31日

  資金等:内閣府(食品安全委員会):「令和2年度食品健康影響評価技術研究(3次
     公募)」

      http://www.fsc.go.jp/chousa/kenkyu/kenkyu_koubo/kenkyu_r2_koubo_sanji.html
  分野等:アレルゲンを含む食品によるアレルギー症状誘発確率の推計に関する研究
  公募期間:2020年7月14日~8月4日