九州バイオリサーチネット

TOP 公募情報 コーディネーター活動 今後のイベント 主な活動 情報誌BIO九州 組織体制 お問合せ・入会 リンク集

 
【公募情報】
 競争的研究資金等の公募に関する情報(省庁関連のみ)をお知らせします。新規の情報を
赤字で示しています。
 募集要項等の詳細情報については、各機関の公募等サイトなどを参考にされて下さい。
 なお、財団等の民間を含む最新の公募情報については、公的・民間公募情報 (H28.05.17現在)をご覧下さい。

■ 省庁等
 
  資金等:農林水産省(農村振興局):「平成29年度官民連携新技術研究開発事業」
      http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/170426_1.html
  分野等:1. 農地の大区画化・汎用化に資する技術
      2. 農業水利施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図るための適切な保全管理に資する技術
      3. 土地改良施設の耐震強化等に資する技術
      4. 小水力発電等の農業水利施設等を活用した再生可能エネルギーの導入促進に資する技術
      5. 農業収益力向上に資する先進的な基盤整備に係る技術

  公募期間:29年4月26日~6月9日

  資金等:林野庁:「平成29年度林業技術革新プロジェクトのうち森林作業システム高度化技術
     開発事業」

      http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/itaku/20170501_1.html
  分野等:1. 傾斜地での再造林作業を省力化する林業機械の開発
      2. 架線集材における荷掛作業の省力化技術の開発

  公募期間:29年5月1日~6月16日

  資金等:水産庁:「平成29年度省エネ・省コスト・省力化技術導入実証事業(追加公募)」
      http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/170501_se30.html
  分野等:水産業の省エネルギー・省コスト化又は省力化に有効な設備等を導入し、その効果を確認する実証試
      験を行う。

  公募期間:29年5月1日~30日

  資金等:JST:「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 平成29年
     度 ステージⅢ:NexTEP-Bタイプ」

      http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h29nextep-b-1.html
  分野等:大学等の研究成果に基づく実用性が検証されているシーズのうち、研究開発型企業の比較的小さな規
       模の実用化開発を支援する。

  公募期間:29年3月1日~6月9日

  資金等:JST:「地域産学バリュープログラム」
      http://www.jst.go.jp/mp/koubo.html
  分野等:地域における企業の競争力強化に資するべく、企業等の開発ニーズの解決等のため、大学等を対象に
       大学等が保有する研究成果、知的財産がその解決に資するかどうかを確認するための試験研究開発費
       を支援する

  公募期間:29年3月29日~5月31日

  資金等:JST:「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) ステージⅢ:NexTEP-
     Aタイプ(平成29年度・第一回)」

      http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h29nextep-a-1.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し
       実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年3月31日~7月31日

  資金等:JST:「産学共同実用化開発事業NexTEP 平成29年度未来創造ベンチャータイプ」
      http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu_mirai01.html
  公募期間:29年3月31日~7月31日

  資金等:JST:「産学共同実用化開発事業NexTEP 平成29年度一般タイプ」
      http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu_ippan01.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し
       実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年3月31日~7月31日

  資金等:JST:「平成29年度戦略的創造研究推進事業(CREST)」
      http://senryaku.jst.go.jp/teian.html
  分野等:環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出 等
       実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年4月12日~6月6日

  資金等:JST:「平成29年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)」
      http://senryaku.jst.go.jp/teian.html
  分野等:・フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出
       ・情報科学との協働による革新的な農産物栽培手法を実現するための技術基盤の創出 等

  公募期間:29年4月12日~5月30日

  資金等:JST社会技術研究開発センター:「平成29年度研究開発成果実装支援プログラム」
      http://ristex.jst.go.jp/proposal/current/proposal_2017.html
  分野等:多くの人々が解決を望む社会の問題の解決に向けて、研究開発成果の実装に取り組む活動を支援す
       る。対象とする領域としては、・人口減少と高齢化がさらに進行することによって生ずる課題、・環境・エ
       ネルギー・資源や食料などに関わる課題、・都市や地方の創生にかかわる課題、・国民の安全・安心に
       関わる諸課題(災害の復旧・復興を含む)、・社会的弱者の支援、健全なこども・青少年の育成に関わ
       る課題、などを重視する。

  公募期間:29年4月14日~6月8日

  資金等:経済産業省:「平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業」
      http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2017/170414mono.htm
  分野等:1. デザイン開発に係る技術、2. 情報処理に係る技術、3. 精密加工に係る技術、4. 製造環境に係る技
       術、5. 接合・実装に係る技術、6. 立体造形に係る技術、7. 表面処理に係る技術、8. 機械制御に係る
       技術、9. 複合・新機能材料に係る技術、10. 材料製造プロセスに係る技術、11. バイオに係る技術、
       12. 測定計測に係る技術

  公募期間:29年4月14日~6月8日

  資金等:NEDO:「平成29年度研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型
     ベンチャーに対する事業化支援」

      http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100144.html
  分野等:ベンチャーエコシステムにおいて重要な役割を果たすベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ
       等とNEDOが協調し、シード期の研究開発型ベンチャーが必要とする研究開発及び事業化に必要な資
       金、並びにその活動を支援する。

  公募期間:29年4月3日~5月31日

  資金等:JST:NEDO:「平成29年度 国際研究開発/コファンド事業/日本-イスラエル
     研究開発協力事業」

      http://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100106.html
  分野等:NEDOは、平成26年7月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の
      産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業
      の共同研究開発を支援する。対象となる技術分野は、新エネルギー省エネルギー、スマートコミュニティ、
      環境、ロボット、機械システム、電子・情報、材料・ナノテクノロジー、バイオテクノロジー等で、研究開発要
      素を含む事業とする。

  公募期間:29年4月7日~6月15日

  資金等:総務省:「平成28年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」
      http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000167.html
  分野等:情報通信審議会最終答申において、「2030年に求められるサービス像」を実現するために必要となる
       「国が取り組むべき技術開発分野と具体的プロジェクト」として、次の7つの具体的プロジェクトが例示
       されている。
       ① いつでもどこでも快適ネットワーク技術
       ② G空間高度利活用基盤技術(Tokyo 3D Mapping)
       ③ 以心伝心ICTサービス基盤
       ④ フレンドリーICTサービス技術
       ⑤ 社会インフラ維持管理サービス技術
       ⑥ レジリエント向上ICTサービス技術
       ⑦ 車の自動走行支援基盤技術
      本事業の公募対象となるは、上記7つのプロジェクトをはじめ、幅広くICTそのものの技術や、農業、医
      療、交通、教育などの異分野とICTとの融合をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可
      能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POC(Proof of Concept:概
      念検証)に取り組む技術開発課題。

   公募期間:28年4月21日~(28年度中はいつでも応募可能)