九州バイオリサーチネット

TOP 公募情報 コーディネーター活動 今後のイベント 主な活動 情報誌BIO九州 組織体制 お問合せ・入会 リンク集

 
【公募情報】
 競争的研究資金等の公募に関する情報(省庁関連のみ)をお知らせします。新規の情報を
赤字で示しています。
 募集要項等の詳細情報については、各機関の公募等サイトなどを参考にされて下さい。
 なお、財団等の民間を含む最新の公募情報については、公的・民間公募情報 (H29.11.15現在)をご覧下さい。

■ 省庁等
 
  資金等:環境省:「平成29年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委
    託業務(2次公募)」

      http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/29_a44-2/index.html
  分野等:セルロースナノファイバー(CNF)活用材料で部品等を試作し、実機に搭載することで製品
      としての信頼性、CO2削減効果等の性能評価を実施するとともに、早期社会実装に向けた導
      入実証を行う。

  公募期間:29年10月23日~11月24日

  資金等:JST:「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) ステージⅢ:
    NexTEP-Aタイプ」

      http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h29nextep-a-1.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開
      発を支援し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年3月31日~11月30日(第2回締切)、30年3月30日(第3回締切)

  資金等:JST:「産学共同実用化開発事業NexTEP 平成29年度未来創造ベンチャータ
    イプ」

      http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu_mirai01.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開
      発のうち、ベンチャー企業が行う、未来の産業創造に向けたインパクトの大きい開発を支援
      し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年3月31日~11月30日(第2回締切)、30年3月30日(第3回締切)

  資金等:JST:「産学共同実用化開発事業NexTEP 平成29年度一般タイプ」
      http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu_ippan01.html
  分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開
      発を支援し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指す。

  公募期間:29年3月31日~11月30日(第2回締切)、30年3月30日(第3回締切)

  資金等:総務省:「平成29年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム
    (I-Challenge!)」

      http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000206.html
  分野等:情報通信審議会最終答申において、「2030年に求められるサービス像」を実現するために必
      要となる「国が取り組むべき技術開発分野と具体的プロジェクト」として、次の7つの具体的
      プロジェクトが例示されている。
       ① いつでもどこでも快適ネットワーク技術
       ② G空間高度利活用基盤技術(Tokyo 3D Mapping)
       ③ 以心伝心ICTサービス基盤
       ④ フレンドリーICTサービス技術
       ⑤ 社会インフラ維持管理サービス技術
       ⑥ レジリエント向上ICTサービス技術
       ⑦ 車の自動走行支援基盤技術
      本事業の公募対象となるのは、上記7つのプロジェクトに該当する課題をはじめ、幅広くICT
     そのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合をはかるなどに
     より、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した
     新事業の創出を目指し、POC(Proof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

  公募期間:29年4月4日~30年3月30日