ホームページ等による技術情報の提供
  ● メールマガジン・ホームページによる競争的資金の公募情報、セミナー等の開催情報

  ● 産学連携を促進するための情報誌「BIO九州」の発行


  トピックス
  平成28年の熊本地震農業被害からの復旧・復興のための参考技術情報

     農林水産省は、農研機構と協力し、平成28年の熊本地震で被災した農業現場が直面する作付計画の変更等の問題解決に活用できる
   技術情報を「平成28年の熊本地震農業被害からの復旧・復興のための参考技術情報」として取りまとめ、農研機構ホームページ内にて公
   開しています。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
      http://www.s.affrc.go.jp/saigai/kumamotoh280617.htm


  「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」第2回公募に係る技術提案資料の募集

    農研機構生研支援センターでは、研究機関が有する技術シーズの提案を観取するとともに技術シーズのマッチングを促進するため、研究
   機関、民間企業、大学等から農林水産業の競争力強化のための技術提案資料を募集しています。
    技術提案資料募集期間:平成28年7月8日~8月2日
    詳細については、以下のURLをご覧下さい。
      http://www.naro.affrc.go.jp/brain/h27kakushin/chiiki/gijutsu_teian_shiryou/index.html


  「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」の1次公募で採用された研究課題について

     農研機構生研支援センターでは、「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」の1次公募では7つの研究分野(水田作、
    畑作・地域作物、野菜・花き、果樹、畜産、林業・鳥獣害、水産業)についての研究を公募し、合計130の研究課題を採択、支援しています。
     その試験研究計画の概要については、以下のURLをご覧下さい。
     http://www.naro.affrc.go.jp/brain/h27kakushin/chiiki/index.html



  お知らせ
  平成28年度補正予算の概要について(革新的技術開発・緊急展開事業)

    TPPの大筋合意により政府が決定した「総合的なTPP関連政策大綱」に即し、我が国農林水産業の体質強化を図るため、農林水産省では
   平成28年度補正予算により「革新的技術開発・緊急展開事業」が8月24日に閣議決定されました。
   【対策のポイント】
   農林水産業のイノベーションに向けて、技術面から農林漁業者を支援するため、以下の取り組みを早急に進めることとされています。
   ① 人工知能(AI)等の最新技術を活用して、習得に数十年かかった技術を若者などが短期間で身に付けられるシステム等を構築。
   ② 大学、国・都道府県の試験研究機関が持つ研究成果や研究者の情報を体系的に整理して公開し、生産者がすぐに相談でき、最先端の
    技 術を利用できる環境を整備。    ③ 明確な開発目標の下、農林漁業者・企業(ベンチャー企業等)・大学・研究機関がチームを組ん
    で、農林漁業者への実装までを視野に入れた技術開発を確実に推進。

   研究開発費としては、以下のとおり計上されています。
   ① 革新技術の社会実装の加速
   ア.経営体強化プロジェクト
   イ.地域戦略プロジェクト
   ② 先導技術の研究開発
   ア.人工知能未来農業創造プロジェクト
   イ.先導プロジェクト

   事業の概要については、PDFファイルをご覧ください。 
   事業内容、説明会の開催等の詳細については、決まり次第お知らせ致します。


  「知」の集積と活用の場 「産学官連携協議会」の会員募集について

    農林水産省では、「知」の集積と活用の場の考え方に賛同し、産学官連携協議会に参加していただける方を募集しています。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     http://www.s.affrc.go.jp/docs/knowledge/knowledge/index.htm


  「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会の専用ウェブサイトの開設について

    「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会は6月1日に、産学官連携協議会の専用ウェブサイトを開設いたしました。
     URLは次のとおりです。 https://www.knowledge.maff.go.jp/


  地域産業支援プログラム表彰事業(イノベーションネットアワード2017)応募開始について

    全国イノベーション推進機関ネットワークが実施している、各地の地域産業支援プログラムや支援者の質の向上及び取組の普及を図り、
   地域産業の振興・活性化を喚起、促進することを目的として地域の中小企業による新事業及び新産業創出等を促進し、地域産業の振興・
   活性化に 優れた成果を上げている「地域産業支援プログラム」を表彰する事業です。
    イノベーションネットアワード2017について、平成28年7月19日より、プログラムの応募受付が開始されました。
    応募締切は9月23日(金)(他薦:8月22日(月))となっています。
    詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     http://www.innovation-network.jp/recent/2016071500033/







TOP
公募情報
コーディネーター活動
今後のイベント
主な活動
情報誌BIO九州
組織体制
お問合せ・入会
リンク集
(更新日 H28.08.29)
 この会は、農林水産業、食品産業等に関するバイオテクノロジー等の先端技術の振興を図り、九州地域におけるバイオテクノロジー等の研究開発の推進と農林水産業、食品産業等の発展に資することを目的としています。

  コーディネーター活動
  ● 技術開発ニーズの収集  ● 技術開発に関心を持つ関係者間の連携支援

   共同研究へ参画する機関の紹介   ● 研究計画の作成支援

  ● 事業化・商品化に向けた支援      ● 研究資金等の取得支援

  ● 知的財産マネジメントへの支援 ● 産学連携に関する支援制度等の紹介

  ● 産学連携のための体制の強化
   コーディネーター活動の詳細は、ここを、公募情報はここをクリックして下さい。

  セミナー等によるシーズ・ニーズの「マッチングの場」の醸成
  ● セミナー、採択課題発表会、研究資金・支援制度説明会等の開催

  ● 活動PRのための行事等への参加

  今後のセミナー等の開催情報はここを、これまでの概要はここをクリック
 して下さい。
事務局(お問い合せ・入会のお申込先)
九州バイオリサーチネット事務局   事務局長 宮本 茂一

〒860-0855 熊本市中央区北千反畑町1-7 MSⅡビル403号
電話&fax 096-346-2040  Email k-baiteku.@alpha.ocn.ne.jp